~ココロとカラダを、もっとハッピーに~ PORTAL OF WELL-BEING

創刊40周年を迎えた老舗超常現象専門誌『ムー』の公式サイト「ムーPLUS」がリニューアル。会員限定の有料ウェブマガジン「ムーCLUB」も配信開始

2020.01.08

EDITED BY VOICE STYLE

株式会社 学研プラスは、2020年1月9日(木)に月刊ムー公式サイト「ムーPLUS」をリニューアルし、会員限定ウェブマガジン「ムーCLUB」の配信を開始する。

1979年10月に創刊され、2019年に創刊40周年を迎えたスーパーミステリー・マガジン『ムー』が、公式サイト「ムーPLUS」(https://gakkenmu.jp/)を全面リニューアル。新サイトは、「note」(https://note.com/)をプラットフォームとし、「ムー」公式サイトとしての情報発信のほか、有料ウェブマガジン「ムーCLUB」の配信も開始する。

『ムー』は創刊当初より、 UFO、未確認動物、古代文明、超能力、怪奇現象、魔術や占いなど、あらゆる「あやしいもの」「やばいもの」「うさんくさいもの」を特集し、国内外の筆者、協力者による多様な仮説を提示して、ファンを大いに楽しませてきた。

近年は、月刊誌や書籍の発行だけでなく、Tシャツやピアスから、オカルトかるた、毎日滅亡カレンダーなどといった公式グッズを生み出すなど、 企業や自治体との協力により、各地でイベントなども開催。“世界の謎と不思議に挑戦する”というテーマから一切ブレることなく、現在も刊行が続いている 国内唯一の超常現象専門誌だ。

世界中のウェブサイトに、UFOやUMAの映像があふれ、宇宙論や人工知能がオカルトめいた視点をかざし、 フェイクニュースや闇の権力が事実を塗りつぶし、それらがSNSで拡散される――そんな2020年。新サイト「ムーPLUS」と「ムーCLUB」は老舗雑誌の枠を超えて展開していくとのこと。配信の記事の中には、人気漫画家、コラムニストの辛酸なめ子氏や「君の名は。」「天気の子」を手掛けたアニメーション監督の新海誠氏、 新日本プロレスJr.ヘビー級チャンピオンの高橋ヒロム選手などの登場も予定されている。今度はどんな顔の「ムー」と出会えるのか、ディープなファンならずとも楽しみだ。

有料ウェブマガジン「ムーCLUB」のトップページ(イメージ)。

有料ウェブマガジンについての詳細は以下のリリース文をご覧ください。


有料ウェブマガジン「ムーCLUB」

ウェブだから軽く読める、お手軽に楽しめる――ということではない。
「ムーCLUB」の会員となった、“ムー民”のために、深く、怪しく、そして新鮮なコンテンツを届ける有料ウェブマガジン「ムーCLUB」には、「ムー」本誌の最新号からバックナンバーの特集記事が厳選掲載されるほか、ウェブ限定の記事も多数、配信される。

1月の配信予定記事から抜粋
7人の占い師・超能力者による「大予言2020」
兵庫県千種町で発見!「ツチノコのミイラ」
実用企画「予知夢・霊夢入門」
日本裏面史「吉備の魔法宮と錬金術師キュウモウ」
UFOレポート「ロズウェルのUFOスパイ」



並木伸一郎「フォーティアンFILE/ネッシーはウナギではない!」
吉田悠軌「怪談解題/歌舞伎町の『落ちる女』たち」
黒史郎「妖怪補遺々々/入ったら出られない『七つのカフカ』の家」
初見健一「昭和こどもオカルト回顧録/懐かしのミステリーグッズ」
宇佐和通「DARK RUMOR/都市伝説ドラマ『キャンドル・コーヴ』の真実」



山下メロ「平成UMAみやげ」
松原タニシ・田中俊行・恐怖新聞健太郎「怪談行脚」
辛酸なめ子「魂活巡業」
石原まこちん「ムー散歩」

また、2月以降にも、以下の記事配信を予定している。
羽仁礼「斎藤守弘が発見した『極孔神』信仰」
人間椅子・和嶋慎治「ムー的オリジナル楽曲解説・神々の椅子」
保江邦夫「物理学者のUFO調査回想記」
……などなど。




これらのほか、毎月の占い、海外のオカルト・ミステリーニュースを追う時事情報も展開。また、芸能界からスポーツ界、クリエイターにもファンが多い「ムー」だけに、各界の「ムー民」へのインタビューも実施。「天気の子」の新海誠監督や、新日本プロレスJr.ヘビー級チャンピオンの高橋ヒロム選手が超常現象について語るのは、「ムー」ならではのことだ。
さらに三上丈晴編集長のイベント動画などを限定配信していく予定。
一部は全文公開していくので、興味のある記事から覗いていただきたい。


無料で読めるムーペディアや情報記事も充実

リニューアル後のムー公式サイト「ムーPLUS」では、有料マガジン「ムーCLUB」のほか、無料で読める記事も充実。
基本用語や頻出事例を解説する「ムーペディア」、そして旧サイトでも人気だった秘教シンボルや幻獣事典、パワーストーン事典も改めて掲載。
もちろん、ムー公式サイトとしてイベントやコラボ企画、新刊情報なども配信する。






「note」を舞台にリニューアルしたムー公式サイトから、ウェブでしか体験できない「ムー」の世界へ。
ちょっと覗くだけのムー民も、秘密結社「ムーCLUB」のメンバーも、ぜひ、ご期待ください。

[商品概要]
ムー公式サイト「ムーPLUS」
基本無料/有料マガジン「ムーCLUB」月額:900円
https://gakkenmu.jp/

記事一覧